2回目デートの導き方【LINE会話例】

合コンで出会った人や、学校や職場の人など、あなたには、”気になる人”はいますか?こんな”あの人”と楽しかった初デートを終えた後は、どうして2回目デートに誘えばよいのでしょうか。デートにいざなうのは本当に恥ずかしいですよね。そんな時はSNSを活用しましょう。ここでは、女性から2回目デートにいざなうときの、LINE会話例をご紹介します。

1つ目は、素直に会いたい気持ちを触るLINEだ。素直に会いたいと言われると、男性は快く患うそうですよ。
自分「この前、凄まじく楽しかったよ!有難う!」
”彼”「こちらこそ!楽しかったな!」
自分「週末に〇〇に行かない?また”彼”に会いたい」
素直にあなたの気持ちを伝えたときに、”彼”から同意の言葉が返ってくれば、あなたが彼女に昇格するのも遠い日ではないかもしれませんね。

後は、カラオケデートにいざなうLINEだ。初デートではちょっと難しいカラオケデートですが、1回目のデートで仲良くなったら2回目にカラオケに行くのはGOODだ。
自分「この前ほんのり仕事で悩んでるって言ってたけど、最近はどうかな??」
”彼”「まだだよ。」
自分「まだか・・・。じゃあさ、パーっとカラオケで憂さ晴らしとめる?!」
ストレスが溜まっているときに、元気な人と話すと、何だか元気がいけるよね。あなたも明るくふるまって”彼”に元気を与えて、”彼”の特別な存在になりましょう。

3つ目は、テーマパークにいざなうLINEだ。遊園地や動物園、水族館など、デートスポットになっている場所には2回目デートからがおすすめです。多少仲良くなっていないと楽しめないかもしれませんからね。
自分「”彼”くん、新しくできた〇〇水族館言うこと生じる?」
”彼”「乏しいよー。行ってみたいは思ってるんだけどね!」
自分「そう!実は私も弱いの!よかったら一緒に行かない??”彼”くんと行ったら楽しそう!」
ポイントは「あなたと行きたい」ということをさりげなくアピールすることです。一緒に行きたいと言われれば、男性も悪賢い気はしないはずです。

2回目デートにいざなう際に一番大切なことは、「1回目のデートが楽しかった」ことを知らせることです。これはどういう導き方にも共通するので、忘れないでくださいね。”彼”とのステキなデートを楽しんでください。参照サイト