間食は食べたほうがやせるって本当?

ダイエットをしている時は、おやつを食べないようにしている人が多いかもしれませんね。痩せたいのに、おやつを摂るなんてもってのほかと、思っているのでしょう。ですが、それは間違いなのです。痩せたいなら、おやつは食べた方が良いのです。それには、血糖値の問題が関係してるからなのです。

おやつを食べないようにしていると、例えば昼食から夕食までの間は、どうしてもあいてしまうね。昼食を12ところ食べたとして、夕食が7時だったとすると、7時間も間が空いてしまう。そうすると、いとも空腹になっているので、夕食をなんだかいくらでも食べてしまう。しかもお腹がすいているので、早食いにもなる。これは急激に血糖値を上げてしまう。

血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌され、そのインスリンが、血液中のブドウ糖(血糖)を細胞内に呼び込む働きをします。ですが、急激に血糖値がのぼり、インスリンが大量に分泌されると、余ったブドウ糖が脂肪細胞に運ばれてしまうので、肥満の原因となってしまう。

ですので、お腹がすきすぎないように、昼食と夕食の間におやつを食するようにした方が喜ばしいということになります。では、どういったものをおやつに食べたらいいのでしょうか。

●ナッツ類・・ナッツは脂質が多いのでカロリーが高いのですが、良質な脂質のうえ、たんぱく質、ミネラル、ビタミンE等が豊富なので、少量でも栄養補給になります。また糖類も少ないので糖類制限をしている人にも向いています。

●昆布によるお菓子・・昆布は低カロリーのものとしてとことん知られていますので、昆布によるお菓子は最適です。お酢と甘味料で味付けされた昆布菓子がありますが、ガムのように噛んで食べれば、食べているうちに空腹感が満たされます。

●バナナ・・バナナは軽くて食べ応えがあるので、食べて大丈夫?というかもしれませんが、特にカロリーが高くないのです。1本で77カロリー位ですから、大きいとは言えません。しかもビタミン類や食物繊維も豊富なので、ダイエットしてある人には向いている果物だ。

●甘味を加えていないヨーグルト・・ヨーグルトは甘味さえ与えなければカロリーは激しくありません。タンパク質は豊富ですが、糖類は酷いので、その点でもいいですね。カルシウムも補給できますし、空腹を十分満たせるので、ダイエット向きのおやつと言えるでしょう。参照サイト